みなさんは、FXの利益が年間20万円以上あれば確定申告しなければならないと思っていませんか?
確かに、書籍やほとんどの情報サイトでも、年間20万円以上の利益があれば確定申告しなければならないと書かれています。
ですが、これは所得がある方の場合です。
所得がない方やパート収入が65万円以下の方は、年間38万円以上の利益が出た場合に確定申告が必要になります。
しかも、これは経費を差し引いて残った金額ですから、確定申告が必要な方はそれほど多くないかもしれません。
私は税金対策のために、FXをするために必要だった経費の領収書はきちんと保管するようにしています。
トータルの計算をして確定申告の必要がないと思っても、税務署が同じように判断するとは限りません。
そこで自分の主張ができるように、領収書はしっかり取ってあります。
それと、もっともよい税金対策は確定申告をすることではないでしょうか。
利益が出た時はもちろん、損失が出た時にも役立ってくれます。
それは3年間、損益を繰り越しすることができるからです。
これまではできなかったことですが、2012年からはFXの損失を3年間繰り越すことができます。
ということは、損失が出ている時ほど確定申告をしたほうがお得ということができるでしょう。
なぜなら、今年損失を確定申告しておけば、翌年利益が出ても前年のマイナスを差し引いて計算することができるからです。
損失を繰り越すためには、必ず確定申告をしなければなりません。
前年に30万円の損失を出していたら、翌年80万円の利益を出しても、差し引き50万円の利益になるため、支払う税金は50万円分で良いということになります。
国税庁のサイトでは、必要事項を入力してプリントアウトすれば、そのまま確定申告として提出できるので便利です。
そんなに手間のかかるものでもないので、損失が出してしまった時こそ確定申告をする方が儲けた時の税金対策に役立ってくれます。

出雲大社 結婚式
専属のプランナーがご相談に応じます。